IMG_1824.JPG

2012年06月15日

『天国への会談』を終えて。@

天国への会談 フライヤー.jpg




怒濤の一ヶ月でした。
イレブン☆ナインVol.9『天国への会談』
終演してもはや五日経ちますが、未だ余韻冷めやらぬといった感じです。

ご来場いただいた皆々様方、本当にありがとうございました。
ヨサコイと丸かぶりだったにも関わらず、大勢観に来て下さいました。
そんですごい素敵な拍手をくれて。

札幌で観る芝居のラストはだいたい、暗転して、明転したら役者がズラッと並んでて、
あ 終わりなのね、っつって拍手、って感じですが、今回は違いましたもんね。
ラストシーンで灯りがカットアウトした直後にババー!!って拍手!!
あれは嬉しかったなああ。
今回もたくさんの方々に支えられて無事公演を打つ事ができました。

前説してくれた大森俊治君。
相変わらず見事な前説でした。
あの前説があるのと無いのとでは芝居に入る感じが全く違うもの。
それは俺らもだけど、お客さんもそうだよね。
どういう姿勢で椅子に座ってていいのかを、前説で何となく説明してくれているという。
いつだって緩く観てほしいけど、(最低限のマナーは守りつつね)
やっぱりお芝居って観る方だって緊張するでしょう。
お客さんとの垣根の取っ払われた状態でオープニングを迎えれるこの贅沢。
俊治君、君は我々にもはや欠かせません、前説師として(笑)
いやいやホントありがとう!

アフタートークの司会をやってくれたカジタさん、ありがとうございました!
カジタさんには男女座の時に散々ご迷惑をかけ且つ散々ご協力を頂いておりまして・・・
頭上がらないっす(笑)
今回も散々ご協力いただきました!
宣伝にも力貸してくださって。
おかげでアフタートークも好評でした♪
ありがとうございます!!

大勢の協力者の力のおかげで成り立ってますホント、毎回。
感謝感謝感謝感謝です。




さてさて。
芝居の話でも。

今までだって楽な公演なんて一度も無かったわけですが。
今回も相当にしんどかった。

まずはプレッシャー。
四月のJ.P.G第二試合『おとなげないじかん』
この時の”キッペイ”という役がとても好評でした。
キッペイは納谷さんのアドヴァイスや、江田さんの根気強い演出のおかげで成り立ったもので、
正直自分の血肉になった感じがまだしてないのです。
そんな中での『天国への会談』稽古への突入。
必死にあの感じを思い出そうとしますが、そう簡単なものではなく。
江田さんや達子さんからは、まぁ 元の逸人だね、的な評価。
わかっちゃいる・・・わかっちゃいるが、できん!!

逸人、こないだは良かったのにー。

って言わせちゃならんのに!!


そしてもう一つは”再演である”という事。
稽古始まってすぐ、初演のDVDを借りて観ました。
お話としては首をかしげる部分はあったものの、やはり芝居は見事。面白い。
個々の巧さはもちろん五人の幼なじみ感というか、わかりあってる感がヒシヒシと伝わって来る。
DVDなのに。
これはヤバいなと思いました。
初演の五人は富良野塾で培った確かな技術に加え、一緒に生活し、戦った歴史がある。
今回再演するにあたって、そこが一つのポイントだと思いました。
ケンカもするけど仲はいい。
そこにどう行き着けるか。
俺には彼らのような技術も歴史も無い。
さて、どうするか。

仕方無いので。
いっぱい話そうと。
今回の五人の中で初共演はチー坊役の圭志さんと、石井役の山下君。
二人ともとっても気さくに俺に話しかけてくれて。
人見知りの俺としてはめちゃめちゃ助かりました。

圭志さんはまっすぐにまっすぐに必死に稽古に臨んでいました。
まさにひたむき、という言葉がぴったりの稽古風景でした。
シーン中、台詞は無いけど、何度もケンと目を合わせてくれて。
稽古する度その数が少しずつ増えるのが密かな楽しみでした。
俺、何故か勝手に”杉野圭志さんは怖い人”って思ってて(笑)
いざ会ったら世界一いい人の一人でした(笑)
そのいい人さ加減はチー坊にガッツリ反映してて。
チー坊の人の良さは作品全体にガッツリ影響してて。
ある意味で五人の象徴のようなチー坊だったように思います。
また是非一緒に舞台に立ちたいです。


山下君はアレで初舞台!
やー。
奇跡の人ですよ。
あり得ないですよ、初舞台でアレだけの重責を果たすなど。
当初はもっと出番の少ない役で、という話だったみたいですが、
いやいやアレくらいが丁度良いですよ彼には。
石井は五人にとても良いアクセントを加えてくれました。
石井のおかげで会話にタメができたり、
一瞬ちょっとだけ冷静になれたり、
会話や雰囲気に緩急がついたんじゃないかと。
石井が山下君じゃなかったら、作品の質感が全くの別物になってたんじゃないでしょうか。
山下君、今年の夏には中国に勉強しに行っちゃうとか。
惜しい。実に惜しい逸材です。
納谷さんの演出に必死に食らいつく姿、やりきった後の楽屋での涙、
俺は忘れねーぜ。一生言ってやるぜ(笑)
これに懲りずまた芝居やってみたいなーって言ってくれたら嬉しいなあ♪


もう一人いっぱい話さなきゃいけない人が。
タケ役、主宰・納谷真大。
『おとなげないじかん』の時に初めてお話させてもらって、
ありがたい事にその時に出ない?って誘ってもらって。
今回は役としてガッツリ絡むと聞き、ビクビクしながらも
たくさんコミュニケーションとろうと色々けしかけました。
納谷さん、俺の事たくさん気遣ってくれて。
江田さんにこぼしたくらいです、何なの??あの優しいおじさんは??って(笑)
納谷さんのタケは共演者としてあまりに高いハードルでした。
稽古中、横目でタケさんを追ってしまって台詞遅れたりしてました。
ド下手クソな俺にたくさん物申したい事あったと思います。
今回は諸事情により俺への演出はそれほどでもなかったわけですが、
次回は!
次回こそはガッツリ喰らいついてご指導ご鞭撻を強要しようと思ってるので宜しくお願いします。


そんな五人の中において、残るはオアシス、バク役・江田由紀浩。
今回の江田さんは悩んでましたねー。
アフタートークでも言ってましたが、何故タケがバクに気を使うのか。
初演のバクはタケと同い年に見え、喧々諤々やり合いつつも仲は良い、
という関係を見た目ですでに構築できていました。
でも今回はそうもいかない。
下手したらケンやチー坊より若く見える江田さん演ずるバクに、
タケと張り合う説得力をどうやって出させるか。
出口の見えないトンネルにはまってしまった感じでした。
ちょくちょく見え隠れする”バクらしさ”みたいなものが、
あるシーンではハマるけど、あるシーンでは全くハマらない。
難しい役だったろうと思います。
俺としては稽古終盤、ケンとのケンカの前後のシーンの稽古をしている当たりから
江田さんのバクが通りだしたのかなと思いました。
深夜に及ぶ稽古の中、中々入らない台詞に四苦八苦しながらも掴んだバク。
悩み抜いて、結果、良い役になったんじゃないでしょうか。
俺もケンカの前後、バクと真っ正面からぶつかるシーンは、
悔しくて悲しくて腹立って涙を必死にこらえました。
頭にきたな〜。
江田由紀浩、いい役者ですよ。

そして。
今回のド主役、ルカ・小島達子。
江田さんと並んで最も再演のプレッシャーを感じてたんじゃないでしょうか。
初演のルカの存在感があまりに大きく、そこに挑戦するのは本当に辛い作業だったと思います。
でもそこはさすが札幌No.1コメディエンヌ、見事にやってのけてしまいました。
舞台上でリアルに圧倒されました。
芝居する必要が無いシーンが幾つもありました。
達子さんが居なかったら『天国への会談』は再演されなかったでしょう。
あのルカを他の誰ができるって言うんだ?
あれだけの芝居ができる達子さんがまだまだ高みを目指してるというのに、
その傍らで下手な芝居打てません。
やるからにはもっと。
もっともっと上手く。
達子さんと芝居やるって事はそういう事なんだなあと、
今回つくづく思いました。


あー。
長くなってしまった。
続きはまた今夜にでも書こう。
次は新たなる挑戦、劇中曲制作について書こうかしら。





posted by 明逸人 at 17:21| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

イレブン☆ナイン Vol.9 「天国への会談」

天国への会談 フライヤー.jpg


出ます!!
熱い奴らがケンケンガクガクやりあって最後はブワーっと、ジーンと・・・
お芝居観た事無い方、是非観に来て下さい!!




教文演劇フェスティバル2010短編演劇祭優勝記念公演
演劇ユニット イレブン☆ナイン Vol.9
「天国への会談」

 
作/演出 納谷真大
○ 出演
納谷真大
杉野圭志
江田由紀浩
明逸人
山下智博
小島達子
大川敬介  
上總真奈
小林泉
石川藍
児玉由貴
塚本智沙
澤田未来
脇田唯
       

○ あらすじ

喫茶「楽園」では、草野球チーム「柴又タイガース」の幼馴染み5人組が、
今日も試合に負けた責任の 擦り合いをしている。
そんな中、突然の事故によって、5人は天界の分岐点に行ってしまい、
天国と地獄を話し合いで決めさせられることになる。
しかも、天国に行けるのは4人、残る1人だけが地獄。
お互いをよく知る幼馴染みの5人は、戸惑い、混乱し、極限状態に追い込まれ、
究極の選択をすることに…。

これが8年前、道内10カ所で上演し、約2000人を動員した、イレブン☆ナインの旗揚げ公演
「天国への会談」のあらすじです。

自己犠牲をテーマに掲げ、人間の愚かさと愛しさを描いた作品は、笑って泣けるエンターテイメントとして老若男女に広く受け入れられました。
その作品を今回、キャストも新たに、8年間分の進化をさせての、イレブン☆ナイン初の再演!!。


□会場
札幌教育文化会館 小ホール (札幌市中央区北1条西13丁目)

□日時

2012年
6月 9日(土)18:00 
6月10日(日)14:00・18:00

□料金
前売り 2800円/当日 3000円/学生 1500円(前売り・当日) ペアチケット 5000円(前売のみ)*Webのみの取り扱い 

□チケット取扱い
ローソンチケット(Lコード19975)*一般チケットのみ
教文ホールメイト 2300円(教文プレイガイドのみ取扱い 011−271-3355)

Web予約 PC用 https://ticket.corich.jp/apply/36036/
Web予約 携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/36036/

□スタッフ
美術/舞台監督:上田知 音響:奥山奈々 照明:上村範康 衣装:イレブン☆ナイン 
宣伝美術:小島達子 チラシ撮影:奥山奈々 制作:神馬千代子 生水絵理 ほか 

制作協力:劇団イナダ組 協力:北あかり カジタ事務所
企画制作:イレブン☆ナイン
主催:札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)
教文演劇フェスティバル実行委員会
後援:札幌市 札幌市教育委員会

問い合わせ先:info@eleven9.jp / 090-2878-3161(制作)

posted by 明逸人 at 17:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

『おとなげないじかん!!』終わってしまいました。

おとなげないじかん!!.jpg-large.jpg




『おとなげないじかん!!』

たくさんのお客様に観ていただけました。
最高に嬉しかったです。
誠にありがとうございました。


今回はと言うとですねえ・・・

続きを読む
posted by 明逸人 at 23:58| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

舞台に花を添えましょう

120309_1522~01.jpg

駅前通り、北2条くらいで地下に降りたのね
地下歩行空間ってやつ
札幌駅に向かったのね
北上したってわけ
地下鉄の改札が見えて
「北改札」って書いてあんのね
ん?
って思ったけど
まあまあまあ
進んだよね
三越が見えてきたよね
あ、三越だーって思って
遠くにPOLE TOWNって書いてあるよね


さすがに踵を返したよね

南下してたよね
聴いてた星野源に騙されたね



あるなーと思ったね
些細なびっくりね



芝居を観るってのが突然降ってきたらどうなのかね
突然芝居観なきゃならなくなって

三越行こうしてたんだけどコンカリーニョに着いたぞ、みたいな
着いたからには観るか、みたいな

まあそんな事ぁ有り得ないとなると
ご自分でそのアクシデントを起こしていただくという
火中の栗を拾っていただくという
そういう事になりますわな



もうね
観たこと無い人に観てもらうには失礼な話、騙くらかすしかないのね
あの手この手を使って興味を引いて、在る事無い事言って騙くらかしてご来場いただくのです

なんだろなあ

美味いもん食おうよ
くらいな感じで芝居観てみませんかねえ

あ、芝居観てからゆっくり飯食うと美味いですよ
あーだこーだと芝居の話しながらね
琴似美味い店いっぱいあるし
お酒入ってもいいよね


『Man-Hall』ね、たくさん話す事できそうな作品です

些細な劇的 とか
劇的じゃなくなっちゃった劇的 とか
家族だよなー とか
家族だからなー とか
許し とか
何を?? とか
花はアソコに添えられていたね! とか

まあ色々

飯食いにきてっ
琴似にっ
茶しばきにきてっ
琴似にっ
お花観に来てっ
琴似にっ
芝居観に来てっ
琴似にっ

ひっくるめて

『Man-Hall』観に来て!!


あ、今日のゲネはいいんだけど、明日明後日の公演は前日までに予約した方が前売り価格になって安いです
お得にご覧になってね♪



☆★☆★☆

平成23年度北海道舞台塾シアターラボ 本公演
リリカル・バレット『Man-Hall』

■作・演出:谷口 健太郎

■出演:
城谷 歩(劇団深想逢嘘)
明 逸人
原田 充子(Real I's Production)
菅原 啓太
庄本 緑子
棚田 満(劇団怪獣無法地帯)
谷口 健太郎

■3月
9日(金)20:00 公開ゲネプロ
10日(土)14:00 (アフタートークあり)
11日(日)16:30

■生活支援型文化施設コンカリーニョ
札幌市西区八軒1条西1丁目
ザ・タワープレイス1F(JR琴似駅直結)

■チケット:
前売1,500円/当日1,800円
公開ゲネプロ/1,000円


お花、アイツ気に入るかなあ…
posted by 明逸人 at 15:27| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

リリカル・バレット『Man-Hall』明日より!

1月にね、
同タイトルでやって
プレ公演なんつってやったんだけど、
脚本家、演出家にとってはプレ公演って意味合いはあっても、
ドラマドクターなんていう肩書きの人が脚本に手直し入れてくれたりしてたのでね
ま、結局そのドラマドクターの三笠野氏もメンバーみたいになっちゃって、アレ、出ないんだっけ? みたいになっちゃったけど

だから俺ら演者にはプレとか本公演とか全然関係無くって
お客さんの前に立つ以上は一生懸命やるだけで


そんなプレ公演を経ての、今週末の本公演。
ま、だから本公演っつー感じもしないんだけど

全く別物のお話です
脚本が1から10まで変わってます
ので一月をご覧になった方々、どうぞ安心してお越し下さい
違うお芝居なら新たな気持ちで観に来れるでしょう?



些細な不幸っつーかね
不幸?
ま、不幸は不幸か
でも"仕方ない"の範疇の不幸で家族とかね、人間関係が支配されちゃうってのはどうにも…
やるせないっつーか

でも仕方ない不幸の影でこんな事が起こってて、それで一歩進めたり、進めなくても何かが変わったり

誰も悪くないが故に身動きできなくなる
この膠着状態を打破するにはねえ、そりゃあ並大抵の力じゃ動かんわけですよ

でも、ちょっとした事がテコみたいに作用して、
アラララ〜っと、
スイ〜っと、
わだかまりがほどけたりして


なーんか
伏せて書くのも大変(笑)
主語は皆さんの周りの何かを当てはめたりしてみて下さい


隣で猫が寝てる みたいなもんで


そんな事で救われる時ってけっこうあって


今ちょっとしんどいなーって人も

しんどそーだなーって人が周りに居る人も

あん時しんどかったなーって人も

皆でコンカリーニョに来て

「ああ そうそう」

ってなりましょーよ



☆★☆★☆

平成23年度北海道舞台塾シアターラボ 本公演
リリカル・バレット『Man-Hall』

■作・演出:谷口 健太郎

■出演:
城谷 歩(劇団深想逢嘘)
明 逸人
原田 充子(Real I's Production)
菅原 啓太
庄本 緑子
棚田 満(劇団怪獣無法地帯)
谷口 健太郎

■3月
9日(金)20:00 公開ゲネプロ
10日(土)14:00 (アフタートークあり)
11日(日)16:30

■生活支援型文化施設コンカリーニョ
札幌市西区八軒1条西1丁目
ザ・タワープレイス1F(JR琴似駅直結)

■チケット:
前売1,500円/当日1,800円
公開ゲネプロ/1,000円


お待ちしてます♪
posted by 明逸人 at 13:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする